間取りの考え方のポイント

間取りの考え方のポイント

間取りの考え方のポイント 快適に暮らせる家を作るために、どんな間取りにするかはとても重要になりますが、最も大切なのはそこでの生活をするうえで、どんな動線を描くかをしっかりと考えることです。
生活しやすさというのは家の広さや収納の多さよりも、毎日の生活の動線計画を立てることで実現できます。
自分たちの暮らしの動線を把握したうえで、間取りの検討を行うことがポイントです。
その際には家族それぞれの意見を聞くことが重要で、決める際には時には家族同士で言い争いになることさえあると言われます。
それでも、きちんと話し合いをすることで全員の意見がすべてかなうのではないにしろ、どうすればそれぞれの希望を叶えやすい間取りにできるかを、じっくりと知恵を出し合って考えることに意味があります。
間取りを決めるにあたっては動線計画と家族それぞれが自分のスペースを確保するだけでなく、例えば日差しや風の通り方なども考慮することで、快適に暮らせる住宅を実現することができます。

家事をしやすくするなら間取りに一工夫が必要です

家事をしやすくするなら間取りに一工夫が必要です 毎日の家事を少しでも楽にしたいと考えているのなら、間取りを一工夫することが一番です。
例えば水回りを一つにまとめるだけでも動線が確保しやすくなります。
食器を拭いたタオルを洗濯するだけでも2階にキッチン、1階に洗濯機があるようでは階段を使わなければなりません。
そのため間取りが許す用なら、どこにどんなものを置いたらスムーズかを考えることが一番です。
お風呂の側にタオルや部屋着などの衣類が置けるスペースがあれば、わざわざ着替えを準備する手間も必要ありません。

最近では玄関の側にウォークインクローゼットを作る方も多くなっています。
メリットとしては雨や花粉が付いてしまったものを家の中心に置いておかなくて済むほか、お出かけ用アイテムをそこにまとめておくことでスムーズに外出できる点です。
ウォークインクローゼットの場合は服などが基本ですが、キッチンにつながる食品庫を作れば買い物をした後すぐに食品をしまう事が出来るメリットもあります。
間取りを工夫することで家事を楽にすることが出来ますので、参考にしてみて下さい。