部屋の間取りをご紹介します

寝室の間取りの注意点

寝室の間取りの注意点 寝室の間取りを決める際には、まず最初にどのような点を優先するかというところから考えていくと良いでしょう。
日当たりを重視する場合には、方角による違いを考えることが大切です。
朝日を浴びて目覚めたいなら東向きの部屋、暗い部屋でゆっくり休みたい場合は北向きが良いことになります。
1日の疲れを癒やすための場所としては、防音性も重要な要素です。
車や人の通る道路に面した部屋では、騒音が気になってしまうかもしれません。
住宅の内部の間取りにも、配慮が必要です。
寝室のすぐ隣りにトイレやお風呂などの水回りがあると、家族の誰かが使用するたびに水を流す音が気になってしまいます。
リビングや子供部屋などが近くにあるのも、同様に物音が気になってしまうことがあるかもしれません。
できる限り他の部屋との間に空間を作ることによって、防音性を高めることが可能になるでしょう。
ウォークインクローゼットなどを配置して、家具を減らすことで快適さを向上させるのも1つの方法です。

実際の良い間取りを参考にするのはとても重要

実際の良い間取りを参考にするのはとても重要 既に建築されている住宅の良い間取りを新築を建てる前に参考にすることはおすすめで、ネットなどでも写真でたくさん紹介されてます。
良い間取りにするには基本は四角形にして自由度もあがって、耐震性やコスト面も良くなり敷地環境で心地良い光や風を室内へ多く取り込むために凹凸も設置します。
屋根の形は太陽光発電システムを搭載するために南向きにして、将来はゼロエネルギー住宅に出来るように考えます。
玄関と階段は出来れば真ん中にして、中央付近に置くとその周囲に各部屋を設置できるため無駄な廊下もなくなり、クローバー形の動線や回遊動線なら目的地まで最短距離で行けて生活もしやすいです。
室内・屋内でもない中間領域も設置し、これはオープンスペース側に設けたウッドデッキやバルコニーへ、軒や庇を出して屋外でも室内にいるような快適空間にすることです。
断熱性・気密性を高めた燃費の良い住宅でも、最初から空調に頼らずに日本の風土や家屋に欠かせない調湿性・通気性・通風性・遮熱性を備えてあるデザインを取り入れて、空調が不要な日を増やす省エネ住宅を作ることも重要です。