間取りで重要な玄関の場所

間取りで重要な玄関の場所

間取りで重要な玄関の場所 玄関はその家の顔ともいえる場所です。
そのため間取りを考える上では非常に重要といえるでしょう。
どこに配置するかで、暮らしやすさが格段に変わります。
玄関を出たらすぐに大きな道路が走っているというような間取りだと、小さいお子さんが飛び出してしまう危険性があります。
また、通りから家の中が見えてしまうことも意外と気になるものです。そういった点も考慮して、配置を考えることが大切になります。
それから周囲の建物との距離なども検討する必要があります。
玄関は人が出入りする場所なので、意外と音が気になることもあります。
シューズボックスや傘立てなども必要になるので、それなりの広さがある方が使い勝手は良くなります。
子供がボール遊びをしたり、スポーツをする際などのグッズを収納しておくこともあります。
ペットの散歩グッズを収納したり、家庭菜園の手入れに使う道具を収納しておくこともあるようです。
そういった小物を収納しても大丈夫な間取りにするようにしましょう。

住宅の新築は間取りを熟慮するのが大切な理由

住宅の新築は間取りを熟慮するのが大切な理由 住宅を新築するときに、多くの場合はお風呂やキッチンのメーカーはこれにして壁紙はこのデザイン、といった風なことに気を取られがちです。
又、価格も非常に重要なのでコストパフォーマンス面に流されがちになりますが、実は重要なことの一つに間取りが挙げられます

広さのほうが気になるかもしれませんが、家族の生活動線やスタイルに合った間取りにしておくと後からストレスがありませんし、その時だけでなく5年後や10年後を想像して作っておくことが大切です。
子どもはいつか巣立つものですし、そういう意味ではリフォームも視野に入れておくのもポイントです。

あまり仕切りすぎないほうが好きなのか、パーソナルな場所を確保したいのかということを家族で事前に話し合っておくと良いでしょう。
仕切りは後からでもつけられるように作っておけるので、初めは広く使って子供の成長とともに仕切れるような間取りなら成長に応じて柔軟に対応できる理想的な間取りです。